公認 日本維新の会 新しい時代を切り開く政治を!

衆議院議員 大阪12区(寝屋川市、大東市、四條畷市)藤田 文武 (ふじた ふみたけ)

藤田 文武 (ふじた ふみたけ)

維新の重要政策「日本大改革プラン」の記者発表を行いました

2021/05/17

本日、「身を切る改革」や「統治機構改革」と並ぶ重要政策として日本維新の会が打ち出していく「日本大改革プラン」について記者発表を行い、政策立案チームの事務局長として私からその内容をご説明をさせていただきました。

 

馬場幹事長が冒頭の挨拶で仰ったように、5月17日という日は、6年前に1回目の大阪都構想住民投票が行われた日でもあります。この特別な日に我々の重要政策を発表できたことに、私自身、改めて特別な覚悟を持ちました。

 

 

本プランは日本社会が直面している人口減少・超少子高齢社会の到来、経済の低成長や可処分所得の低下、社会保障不安といった構造的問題に加え、コロナで露わになったセーフティネットの脆弱性や不公平をはじめとする社会課題に対し、現状維持&微修正型の政府与党では進められない大改革を提案するものです。

政策パッケージには、消費税減税だけに止まらない税体系一体での改革、主要政党では初となるベーシックインカム(最低所得保障)の公約への明記をはじめ、その改革領域も税制、社会保障(年金や生活保護)、雇用政策、規制緩和などを含む幅広いものとなっております。

時間の関係上、詳細にわたる全てをお話することはできませんでしたが、メディアの皆様からのご質問もたくさん頂戴し、それぞれに真摯にお答えさせていただきました。

 

 

記者発表の全編は、下記からアーカイブにてアップしておりますので、是非ご覧いただければ幸いです。

日本大改革プランの資料はこちらから。

 

 

 

私たち日本維新の会は、国政政党としてはまだまだ議席数が少なく力が足りません。しかし今後、維新が政権与党に対して本質的なチャレンジを挑んでいく上で必要不可欠な姿勢は、批判のための批判しかできないその他の野党とは一線を画すことに加え、新しい社会像を提示するための包括的かつ抜本的な改革プランを示すことによって論戦を巻き起こすことであると考えます。

その意味においてこの日本大改革プランは「自民党に対する挑戦状」でもあります。

今後も引き続き国会活動や来るべき衆院選を通じて、日本社会の本質的課題に迫る論戦を繰り広げてまいります。

 

衆議院議員 藤田文武