公認 日本維新の会 新しい時代を切り開く政治を!

衆議院議員 大阪12区(寝屋川市、大東市、四條畷市)藤田 文武 (ふじた ふみたけ)

藤田 文武 (ふじた ふみたけ)

その人の本心は、行動によってしかわからない。

2020/10/14

フェイスブックには、過去の同じ日に何をしていたかをお知らせしてくれるという機能があり、昔の記事や写真を見て懐かしい気分になることがある。

ちなみに2年前の今日は、早朝から畑の草刈りをしていて、

3年前の今日は、落選した1回目の衆院選の真っ只中。

そして、4年前は会津藩校日新館にいて、

6年前は兄貴分である先輩経営者と青森出張(半分遊び?笑)に来ていたのがとても懐かしい。

そして今日の本題は、7年前(当時32歳)の私が偉そうに投稿していた記事。そのタイトルは、「その人の本心は、行動によってしかわからない。」という駄文だが、当時からド真剣にそんなことばかり考えていたことだけは自信を持って言える。

本心で思ってもいない形だけの行為はすぐに見透かされる。でも、逆に本心で思えば、自然と行動に現れる。当たり前のことなんだけども大事なこと。改めて心に留めておこう。

フェイスブックさん、ありがとう。

〜「その人の本心は、行動によってしかわからない。」2013年10月14日〜

口先だけで良い事はいくらでも言える。
瞬間的にその場では良さげな事はできても、継続できるかが本物の行動であり本心。
人の見ていないところでこそ、本来の習慣が現れるし、本心が見える。

自分よりも目下の人や後輩や取引業者さんに対して必要以上に偉そうだったり、ぞんざいな扱いをする人は、立場が逆転すると一転してペコペコする。
自分よりも弱い立場の人に、人間としてしっかりと向き合おうとしている人は、普段は優しくても、いけないときにはちゃんと叱り、危機の時には守る事ができる。

リターンを求めすぎての下心ある行いからは、長く続く良い関係は生まれない。
もちろん、取引関係は必要。しかし、立場の強弱や様々な要因によって、一方が無理を続ける関係は長続きしない。

長く続けるって事は、本当に大変な事なんだと思う。
だからこそ、無駄がそぎ落とされて、洗練されて、長く続いてきた伝統って、人の心を魅了するんだろうな。

どんなに自分が相手のためにと思っても、相手には伝わらない事もある。
そのときは、問題を自分に戻そう。

すべては自分の中に問う。自分の行動を見つめ直す。
良い習慣を身につけよう。良い癖をつけよう。

なんか、とりとめも無く、まとまりもなく、そんなことを思いながら、デスクにつく、なう。
さ、がんばろ〜と。(終わり)